タマケンブログ

タマケンぶらり散歩➁小泉八雲旧居跡

タマケンの近所の歴史やスポット等を紹介する『タマケンぶらり散歩』。

第2回は、『小泉八雲旧居跡』です。

みなさんは小泉八雲さんをご存じでしょうか?

明治時代の英文学者・作家で、ギリシャに生まれ、本名はラフカディオ=ハーンと言います。

明治23年(1890)に来日され、小泉節子さんと結婚し、のちに日本に帰化します。松江中学校・東大などで英語・英文学を教えるかたわら、日本文化を研究して海外に紹介しました。

代表作に「怪談」などがあります。

そんな小泉八雲さんは明治35年に新宿区大久保へ引越し、明治37年に亡くなるまで晩年を過ごしました。

タマケンの創業が明治38年ですから、初代タマケンの田村健次郎さん(現社長の曾祖父)は、小泉八雲さんと会っていたかもしれないと思うと感慨深いです。

さて、タマケンから職安通りを渡って大久保通り方面に路地を5分ほど歩くと、『小泉八雲旧居跡』があります。

この石碑、大久保小学校/幼稚園の入口にあります。

大久保小学校は、タマケンの社長と会長が通った母校です。当時、石碑や小泉八雲さんについて学校で教わったことが、今でも頭に残っていると社長は言います。

ちなみに、大久保小学校の向かい側には『小泉八雲記念公園』があります。

お花が一杯の公園です。

いかがでしたでしょうか?

タマケンの近所にはこんな歴史スポットも点在しているんですよ。

次回もお楽しみに!

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

タマケン山岳部

PAGE TOP

PAGE TOP