相談役

田村 健二相談役

東京都出身

父である先代が昭和50年に亡くなり、当時26歳の私は母と共同代表に就任しました。長男の健太郎も産まれたばかり、とにかくやっていかなければなりませんでした。

父や祖父が続けてきた材木商を、何とか途絶えさせないよう当時はがむしゃらに、肩に立派なこぶができるほど材木を担いでいました。材木を見て触って担いでいるうちに目が利くようになり、仕入れも得意になりました。

右も左もわからず、相談する相手もわからないような状況でしたが、代々受け継いできた土地と材木商を存続していく為、ビルを建設を決意しました。37歳の時です。そして昭和61年8月、本社ビル(TKビル)が無事竣工。

そんな中、長くお付き合いのあった工務店さんが閉業されることになり、ご縁あってそこで働いていた技術ある大工を引き受け、工務店としてやっていくことになりました。当時は20人以上の大工を抱えた大所帯でした。 何より手刻みの技術を持った大工さん達でしたのでそれが現在も受け継がれ、今となってはタマケンの強みにもなっているのではないかと思います。

最近は時間に余裕ができたので、取り寄せた昆布やきのこの佃煮、鳥取らっきょうの甘酢漬け、わさび漬け、あんずのジャム、栗の渋皮煮と手のかかる料理に没頭するのが楽しみになっています。
メイ(ラブラドール)の散歩も日課です。散歩帰りにはタマケンの下小屋に寄り、作業の様子を見にいきます。木の香りがして、いいものです。

田村

田村 健太郎代表取締役

東京都出身

この度は弊社のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

私たちタマケンは、無垢の木と社員大工の手仕事が自慢の小さな工務店です。

2020年12月にリニューアルしたこの新しいホームページ。タマケンの情報を、思う存分たっぷり詰め込みました。

さらにもうひとつ、「継組木兎(つぐみときうさぎ)」という名の リノベーションの専用サイトも立ち上げました。 継組木兎HP >

継組木兎は、築数十年の木造住宅の古さを生かす独特なリノベーション、タマケンが提案するひとつのカタチです。
ちらっと覗いていただけたら幸いです。

  

2020年はコロナ禍のなか、大変な1年でした。
その2020年、会社に3つの目標をつくりました。
ここで、その取り組みひとつひとつを紹介させてください。

1.ブランディング~継組木兎

目標のひとつめが、このホームページリニューアルを含めた会社のブランディングです。
継組木兎(つぐみときうさぎ)という新しいリノベーションブランドの立ち上げも年内に達成できました。
ほっとしていますが、実際の展開はこれから。
継組木兎のリノベーションに共感頂ける方に見つけてもらい、工事が実現できるよう引き続き頑張って参ります!
どうぞよろしくお願いいたします。

 継組木兎HP >

2.社員大工の現場管理

目標ふたつめが、「社員大工に監督/管理業務を行ってもらう」という取り組みです。 社員大工のいる工務店といっても、常に途切れず大工仕事があるわけではありません。

ひとつの工事が終わって次の工事が始まるまでの期間を含め、大工仕事が無くなる事は必ずおこります。その時は大変です。東奔西走して仕事を探します。予定より早く着工させて頂いたり、保留中の工事を再開できないかお客様にお願いもします。

大工に大工以外の仕事も頼むときもあります。ハウスクリーニングやコンクリート打設も頼みます。大工としてタマケンに入ったのに、何でこんな事やらなきゃいけないんだ!という愚痴もあるでしょう。
それでも仕事が無い時は、ひたすら会社の修繕や改善です。道具置場の整備や材料の片付け等をしてもらいます。

ひとつの工事が終わって次の工事が始まるまで、工事の空きも無く、ずっとコンスタントに仕事がある状態ができないかぎり、「大工仕事が途切れる問題」は社員大工がいる工務店では起きてしまう大きな問題です。

それが「社員大工に監督(管理業務)も行ってもらう」という取り組みに至った理由のひとつです。大工に監督業も兼任してもらえれば、たとえ大工仕事が途切れたとしても、その時間は、現地調査や数量拾い、打合せや材料発注などをする時間に代わります。

ただ弊社の社員大工はもともと、現地調査やお客さんとの打合せ、数量拾いなど、監督業を行う下地的な事をしていたのも事実です。

タマケンの現大工メンバーはみな人柄がよく、監督の適性も感じていました。そもそも現場の仕事をよく理解している大工たちですから、工程や工事の管理スキルは間違いないと分かっていましたし、現場の雰囲気もよくなるだろうと思っていました。

前年2019年にひとりの大工が新築工事で監督業にトライしてうまく現場をまとめた事も、私にとっては心の支えでした。



ただし、この考えを社員大工に伝えるには、覚悟が必要でした。
大工をしたくてタマケンにいる社員大工に対して簡単に言える事ではありません。だいぶ悩みましたが、2020年1月「社員大工に監督(管理業務)を行ってもらう」という目標を掲げました。 現在、多くの大工が大工仕事と監督(管理業務)を兼任してくれています。

結果は当初の期待値以上。工事はうまくまとまり、お客さまからも高評価を得ています。 工事自体の管理をはじめ、積算や日程調整、会社の仕組づくりにまで携わってくれています。

日々の打合せも社員大工自らが運営してくれるようになりました。
SNSで会社の取り組みを発信してくれるものもいます。本当ありがたい限りです。


ただし、この取り組みによって起きた問題も多くあります。現場作業と管理業務を並行するわけですから、ひとりに掛かる負担は大きくなります。また、管理業務が多くなりすぎて大工作業ができなくなる場面も生まれました。問題です、辛い思いをさせてしまっています。

このままこのやり方で進めてよいわけはありません。では、どうしたらよいかを前向きに考えています。トライアンドエラー、ひとつひとつ必ず改善できるはずです。よいカタチをなるべく早く作っていくつもりです。

3.仕組づくり

もうひとつの目標は「仕組づくり」です。
社員ひとりひとりの考え方や経験の差によって、行動/対応に違いが出てしまう事があります。

例えば、現場の安全やマナー/ 事故時の対応法/ 養生の方法/ 打合せの仕方/ 工程表の書式/ 社内間の連絡方法/ 領収書精算の仕方/ ご近隣挨拶の仕方/ 産業廃棄物の分別方法/ 工事キーの取り扱い方などなど様々な状況で、個々の考えだけで対応がされれば問題も生じます。

会社の仕事で必ず行う事/起きる事は、誰もが同じ対応をしなくてはいけないと考えています。その為の取り組みが「仕組づくり」です。

当たり前にできている事もふくめて、改めて文字にしていきました。
今まで曖昧だった事も、この仕組づくりの中で明確にしていきました。

チーフを中心に社員皆がこの仕組みづくりに携わってくれました。
結果、「仕組みマニュアル」というカタチで、紙としてアウトプットされました。


現在、仕事や現場が仕組によって回るようになってきています。何か問題が起きた時も、次は問題が起きないような仕組をつくるようになりました。仕組みの見直しや改善も社員を中心に行ってくれています。アフターメンテナンスの新しい仕組の構築も始まりました。

仕組みは、業務をスムーズに行う為のもの、誰もが難しい判断をせずとも行動できる為のものです。 引き続き、仕組みづくりを継続していこうと考えています。

ブランディング、社員大工の現場管理、仕組みづくり。

2020年、この3つの目標達成に向かって社員みなの努力と協力のおかげで頑張ってこれました。 本当にありがたい事です。

まだ問題や改善すべき事だらけですが、社員がより働きやすくやりがいを感じる会社を作り、 よりよい仕事をお客様にご提供できるよう努力いたします。

ずっと暮らしたい家を、無垢の木と社員大工の手仕事でつくり、「タマケンに頼んで本当によかった」と思っていただけるよう、歩んで参ります。趣味の登山も楽しみながら。

依田

依田 寛チーフマネージャー
社員大工(現場監督兼任大工親方)

東京都出身

タマケンの大工はみな社員ですから、現場に携わる大工が一丸となって品質や安全に至るまでを管理しています。お客様にとってはすごく安心感がある家づくりになると思います。

タマケンの家づくりは「お客様の参加型スタイル」だと私は思っています。一緒に家を作りあげていくプロセスを想い出に残してもらうため手刻み見学会、品質説明会などのイベントもおこなっています。また、タマケンの現場はキレイですのでぜひ工事中の現場をたくさん見に来て下さい。

タマケンの大工は手刻みの技術がしっかり継承されています。この手刻みの技術は、新築だけじゃなくリフォームでも活かされているんですよ。柱や梁の架け替えや補強などの構造に関わるリフォームでは手刻みの技術が発揮されます。見えなくなる事も多いですが、大事なところなので気を抜けません。

2020年から現場監督の仕事も行うようになりました。お客様との打合せでお話しする機会や、工事に関わる時間も増えて竣工時の達成感は、より一層深いものがあります。

完成した建物で、無垢の床を笑顔で走り回るお子さんの姿を見たときは本当うれしかったですし、竣工後に訪ねたお宅で「めちゃくちゃ快適です」って言われたときは泣きそうになりましたね(笑)。

小島

小島 正明大工(大工親方)

東京都出身

我が家はタマケンで建てたんですよ。 もちろん私自身が大工として無垢材をたくさん使って作りました!

キッチンカウンターはトチ使っています。完成してもうすぐ10年、完成時に一度オイルを塗っただけですが、狂いもなくキレイなんですよ。子供たちはここで朝食をとっています。他のカウンターは、洗面所に杉、トイレにイチョウ、リビングのテーブルには栗を使っています。

2階の天井は、自分で刻んだ松の太鼓梁を現しました!濃茶に着色してアジアン風に仕上げています。ずっとやりたかった事だったんです(笑)

庭には5.4mx2.7mの、大きなウッドデッキを作りました。夏には子供のプールも置けるんですよ。材料はタマケン定番:杉の赤身で、もう10年近くたちますがまだまだ元気に活躍しています。

砂場の枠を杉で作ったり、貫材で天井を仕上げたり、窯業サイディングを一部室内仕上げにしたりだとか。 コストの面でそうせざるを得なかった部分もありますが、「決められた仕様通りだけじゃなく、自由に対応できるところ」もタマケンの強みだと思いますよ。それができる技術あっての話ですし。

もちろん我が家だけではなく、普段のお客様宅工事でも同じように対応しています! 作り手としては大変ですが、お客さんが喜んで頂ける事が一番ですからね。お客さん思い出のモノのリメイクなんかもよく頼まれます。

小林

小林 信明木材担当及び現場監督

東京都出身

豊富な種類の無垢材で窓枠やカウンターを作れる事がタマケンの自慢です。私も木材担当として、たくさんの木の仕事を経験してきました。

そのなかでも思い出に残る仕事は、名古屋におさめた無垢の巨大アートです。森での伐採、材料の選定から、乾燥や製材の手配、タマケンでの加工を経て、名古屋まで設置に行きました。長い時間をかけ、岐阜や名古屋にも何度も足を運んで完成をさせた思い出深い仕事です。写真を紹介しますね。

他にもたくさんの思い出に残る仕事があります。これからもよい材料をお客様に届けていきたいと思っています。

現場管理の仕事も行っています。社員の大工さんに助けられながら日々頑張っています!まだまだ至らない所もありますが、お客さんが困っていたら「とにかく早く対応」という事を一番に心がけています。どうぞよろしくお願いいたします。

安田

安田 真由美社員大工(現場監督兼任大工)

福島県出身

お客様が生活されながらの御宅のリフォーム。私は、その「暮らしながらリフォーム」を担当する事が多いです。 お客様がすぐ近くにいますから、はじめはすごく緊張します。安全にも工程にもマナーにも、いつも以上の注意が必要ですし。

日々の片付けと清掃もとても大切です。タマケンの「キレイナ現場」を心に、「来た時よりもキレイに」という意識で作業を行っています。

工事が進むにつれ、自然とお客様とお話しする機会が増えていきます。そこでお客様の気持ち「本当はこうされたいのだな」とか「ここを遠慮されているな」に気づくように心がけ、より安心される工事にしたいと考えています。

工事をさせて頂いたお客様から、リピート(新しい工事の依頼)を頂いた時は本当嬉しいですよ。それが遣り甲斐になっています。

私は2019年から現場監督業も行っています。 ひとつひとつの工事や工程が、自分の思ったように納まっていく瞬間は本当に嬉しいものです。遣り甲斐は日々の工事の中にあります。もっと先が見えるようになって、より仕事を楽しみたいと思っています。

タマケンは、年齢的に若い社員が多い会社です。初めてのお客様はそこを心配されるかもしれませんが、タマケンの若い社員は皆、自己鍛錬など小さな努力を積み重ねています。どんな現場状況でも対応できる「タマケン」の強みはそこにあります。ご安心してお任せください。

若林

若林 佑社員大工(現場監督兼任大工)

大阪府出身

「キレイナ現場タマケン」という合言葉があります。表面的な整理整頓や清掃は当たり前で、完成してしまったら隠れてしまう部分もしっかり掃除するのがタマケン基準。キレイナ現場づくりは、家を丁寧に大切に作るって事そのものですよね。品質の良さも「キレイナ現場」から作られると思っています。

タマケンに入社した頃は全く分からなかった樹種の違いも、今はたいてい分かります!木の仕事をたくさん経験してきましたから!僕のおススメは「チーク」ですね!自分の家を建てるならカウンターはチークにしますよ!

僕も大工の仕事と一緒に、現場管理(監督業)も行うようになりました。お客様とお話をする機会が増えたぶん、 お住まいになる人の事を考えながら仕事ができるようになったと思います。監督兼任大工だからこそ、責任感と工事への思い入れがより強くなりました。

小泉

小泉 達郎社員大工(現場監督兼任大工)

兵庫県出身

僕は理屈人間です。
「なぜ」の部分(理屈)が明確でないとお客様に自信を持って提案ができません。
天井の断熱補強工事では、屋根材や既存断熱材などの熱抵抗値を調べて外から内への温度変化のグラフも作りました。

社員皆が、断熱などの性能品質について「裏付けとなる根拠」をしっかりと理解した上で施工に臨んでいることが、タマケンの強みだと思っています。
これからも自信を持ってたくさんの提案ができるよう、貪欲に知識を蓄えていくつもりです!

無垢材をふんだんに使えることもタマケンの強みです。僕は杉のフローリングが好きです。杉は、柔らかくて傷が付きやすいのも特徴ですが、何度も歩くところは光沢を帯びてきて、時を経るにつれて味わいが増していくところが気に入っています。

僕はSNSで、会社の取組みを発信しています。
無垢の木の良さだとか、仕事に取り組む会社の姿勢だとか、品質性能部分をしっかり施工しているところだとか、『外から見えにくい部分』を発信して、それに共感して頂ける方と繋がれたらいいなぁと思っています。

小さな工務店の取り組みは、なかなか見つけてもらえないのが現実でしたが、今はSNSを発信し続けることでファンを集めていく事ができます。
週2~3回の投稿を続けていますが、Instagramでは毎月15~25人ずつくらいフォロワーが増え、少しずつですが着実に認知度は高まっているように感じています。

網野 一希設計及び現場監督兼任大工

埼玉県出身

前職は5年間設計事務所で働いていました。
タマケンでは「設計と大工」の二刀流で頑張ります!

設計者から現場の大工になるのは珍しいねと、よく言われます。
自分で設計した建物が、どんな過程や技術で形になっていくのかを知って、自分の手でつくれるようになったら、より一層建築に向き合えるのではないか。そんなこと思って『設計ができる大工』目指してタマケンの門を叩きました。

数ある工務店の中でも、社員大工制度があり、いまだ手刻みの仕事をしているタマケン。転職活動中に沢山の工務店のHPを見ましたが、そんな工務店は他にはなかなかありません。これから大工技術を磨いていくには良い環境だと思いました。

実際にタマケンで働いてみると、一緒に学んで切磋琢磨できる仲間がいるのが社員大工ならではの強みではないでしょうか。

親方に教えてもらうことはもちろん、他の大工仲間の経験談から学びが多くあることに気付きました。時には失敗してしまう経験も、タマケンの「仕組」に取り入れて改善しています。

タマケンの目標として『若手大工の育成』があるのですが、入社してまもない時期にフローリング貼りを経験させてもらえました。自分も若手の一人として様々な仕事にチャレンジさせてもらえることに感謝しています。

タマケンでは、社員大工として手刻み技術の鍛錬、監督業務を行い、また今までの設計経験でタマケンの得意技『木と手仕事』を活かした設計ができるように頑張ります。よろしくお願いします。

桑原

桑原 昌昭大工顧問

新潟県出身

15の時に新潟から出てきて、金子建設(タマケン近くの工務店さん)に住み込みで働き始めました。 とにかく人に負けたくない!という一心でしたね。 夜間も学校に通って、21の時には二級建築士の資格もとりました。

あの頃は体力がありました。17の時の夏休みには、新宿から新潟の実家まで自転車で帰ったくらいです(帰りはさすがに仕事に影響するので汽車で帰りましたけど。)

当時のタマケンは、まだ金子建設に材料を納めていた材木屋でした。その後、ご縁があってタマケンが工務店を始めたとき(昭和62年)にタマケンに入社しました。41歳の時です。大変な時代でしたよね。

金子建設のころから社員大工というカタチで働いています。社員大工というカタチであれば生活の心配がなく働けて、仕事に集中できます。結果としてよい仕事につながります。私は金子建設とタマケンしか知りませんが、誤魔化しのきかない環境でよい仕事をしてきたと思っています。

いま、タマケンのように社員大工というカタチでやっている工務店は珍しいと思いますが、安心して仕事ができる環境だと思います。実際に若い大工たちはほんとうに皆が一生懸命、よい仕事をしていますよ。大事な事です。よい仕事がお客さんの信用になりますからね。お客さんは必ず見抜きます。地道にそんな信用とつながりを作っていくことが大事だと考えています。

山田 新也工務/インハウスデザイナー

東京都出身

タマケンで働く前は、WEB制作会社で8年間タマケンのHPを作成、管理させもらったり、名刺やリーフレットなどの紙媒体のデザインをしてきました。

タマケンでは『工務』として、現場と会社を繋ぎ、施工管理を兼務する現場大工のサポートや、引き続きWEBの管理や社内外発行物のデザインなどを行うインハウスデザイナー的仕事、そのほか色々携わる予定です。ますますタマケンを盛り上げていければと思っています。

タマケンとの仕事のなかで特に記憶に残っているのは、2020年に当HPとリノベーションブランド継組木兎(つぐみときうさぎ)のHP制作をさせてもらったことです。継組木兎のコンセプトにとても共感しました。

継組木兎はタマケンが提案する木造スケルトンリノベーションブランドです。梁や柱など今まで隠れていて経年変化した構造体を表に見えるようにしたヴィンテージ感や、タイル張りのキッチン、武骨でインダストリアルな照明器具など、ドンピシャで『かっこいい!』と思いました。

ただきれいに仕上げるのではなく、古い家の味のある部分を残しながら、新しく生まれ変わらせるスタイル。リノベーションされたおしゃれなカフェのような独特な空間は、新築では表現できない味わいがあり、魅力的に感じたのです。

私のように継組木兎のテイストを気に入る方は多くいると思いますので、リフォームを検討されている方には、ぜひ継組木兎を知っていただきたいです。
【継組木兎HPはこちら】

伊藤

伊藤 恵津子経理/事務

東京都出身

経理と事務を担当しています。
社員の皆さんが気持ちよく働ける環境を整えるのも私の仕事です。

私の実家も工務店です。
いつも木に囲まれて育ちました。そのためか、同じように木のいい香りがするタマケンで仕事をしていると落ち着きます。

タマケンの社員は皆、お客様や仕事に対して常に真摯な姿勢で取り組んでいると思います。皆とても向上心が高く感心しています。

若手の大工さん達も皆、手刻みをしている工務店という事でタマケンを選んで入社したのだそうです。
今時そんな志をもっている若者がいるというのはすごい事だと思いました。

田村晴子

田村 晴子広報/事務

千葉県出身

私は結婚してからは家事と子育てに専念し長い期間、専業主婦でした。
子供たちが成長し、気持ちに余裕ができたので少しでも会社の力になりたいと思い、タマケンでの仕事を始めました。

広報の仕事や社長の補助、社員の福利厚生に関すること、お客様対応、社内の環境整備などをしています。

広報としてこのホームページの作成に携わり、改めてタマケンの強みやこれからの課題も分かった気がしています。

自慢になってしまいますが、タマケンの社員は皆とても気持ちのよい人達です。
幸いなことに、ご縁のあった多くの方々が再び工事の御依頼をくださったり、お知り合いを紹介してくださったりとご縁の輪が広がっています。

きっと社員の気持ちのいい姿勢も感じ取って下さっているのではないかと思います。
本当にありがたいことだと思っています。

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

インスタグラムinstagram

PAGE TOP

PAGE TOP