タマケンブログ

東京の家:内部造作とTKR

東京の家リノベーション工事も、いよいよ内部造作~仕上げ段階に突入です。

『継組木兎』仕様の東京の家。

メインテーマである構造体の現しもしっかりと見えてきました。

2階の床とそれを支える梁。家が経てきた時間を可視化させる古い構造体。この味わいは新築では表現できないものです。
天井が高く、気積も増えました。
もともとあった古い欄間(写真左側)。奥の欄間は2階のリビングにあったものです。
(よく見るとデザインが違いますよね?)

↓玄関腰掛ベンチに使う桑をカットする依田チーフ

桑:独特の光沢と美しい杢目があり、 非常に耐久性の高い木材で、造作材に使われます
建築用の墨汁をつけた糸。まっすぐで長い線を一気に引くことができます。
桑のベンチ取り付け後。樹皮を削った板の側面『耳』、キレイですね!

一方その頃、
タマケンの下小屋は大リニューアル工事(タマケンリニューアル:TKR!)が始まり、解体や足場架けが行われています。

下小屋前側が解体され、後ろ側の構造体(赤い柱部分)だけに!
立体駐車場を解体します。そのための足場架けが進んでいます。
タマケンのある『TKビル』9階と同じ高さの立体駐車場。現在5階付近、私なら足ガックガクで動けません。

タマケン山田

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP