タマケンブログ

【タマケン事例集】杉無垢板張り

タマケンが行った施工の中から、杉無垢板張りの内装事例をご紹介します。

杉の特徴

日本家屋で永く使われてきた材料です。やわらかくキズもつきやすいですが、その分、愛着を持って経年変化を楽しめます。

リビングや寝室、子供部屋、押入れなどさまざまな部屋で使用されます。

気持ちのよい手ざわり、足ざわりです。

壁と床に貼った事例

そこにいるだけで落ち着くような、あたたかい雰囲気が感じられます
白のクロスとの相性はバッチリです
同じ杉でも赤身と白身があり、混ざり合うことで豊かな表情が生まれます。

下見板張り

↓板と板のあいだに段差が出来る「下見板張り」という工法(写真左側)。
本来は外壁での貼り方ですが、あえて室内でやるのも面白いです。

天井に

↓天井に無節(節のない)の杉板を張ったタマケンオフィス。化粧梁との組み合わせで『和モダン』的な落ち着いた空間になります。

静かに時が流れるように感じます。
ぜひタマケンオフィスで体感してみてください。

国領の家:リビング天井にも無節の杉板を張りました。節がないとより落ち着いた印象に感じられます

スギの無垢板張り、いかがでしたでしょうか?

良質な無垢の木をたくさん使った、大工の手仕事が光る仕上げです。

ぜひご検討していただけたら嬉しく思います。

無垢の木については、↓こちらもご覧ください。

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

タマケン山岳部

PAGE TOP

PAGE TOP