タマケンブログ

2008年3月15日に木造住宅私家版仕様書に出逢う

彼此、早いものです。
この10月で、私が当社に来て2年が経ちました(正式入社は11月なんですが。)

その前はゼネコンに勤務してました。
木造の世界ではありません。

木造の世界に飛び込むキッカケを作った日があります。
2008年3月15日です。覚えてます。

その日、渋谷のパルコで妻と「ラブレターズ」という朗読劇を観に行ったんですが、
早く着いたのでジュンク堂書店へ寄りました。
そこで出逢った本が、木造住宅私家版仕様書です。



この1冊の本を見て、うっ木造・・面白い!と素直に思いました。
それから、ゼネコンの通勤中に(満員の中央線で)読みふけました(今だに理解できていませんが)。
興味は増す一方。
そして、本の著者である松井郁夫先生、小林一元先生、宮越喜彦先生が開く「木組ゼミ」に通い、
ゼネコンを辞める気持ちを固めました。

あの日、渋谷で木造住宅私家版仕様書に逢ってなかったら、まだ私はゼネコンにいたと思います。
もちろん「下高井戸の家」も無いわけです。

貫井北町の家。

秋。
キンモクセイが咲き乱れる道をバイクで通勤中の親方:依田。
外部の軒天工事中。


秋空の下、残りの外部工事が進みます。


10月末までの工程も決めました。

いよいよラススパートだっ!という感じになってきました。

★ブログのランキングに参加しています⇒⇒現在の順位

ポチっとクリックお願い致します↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
tamakentaroblog

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP