タマケンブログ

養蜂終焉

5年以上前からだと思います。
縁側に養蜂箱を置いていました。

おそらく数千、数万のミツバチが、
賑やかに暮らしていました。

何年かおきに新しい箱を重ねていく重箱式で、
箱全体の高さは1mを越えていました。

ただ、
一度もハチミツの採取をしていませんでした。
ハチミツの採取の仕方もわからないし、
蜂に申し訳ないような気持ちもあり。


***

先月末、
庭に蜂が飛んでいない事に気が付きました。

養蜂箱を確認してみると蜂はいませんでした。
越冬できなかったのでしょうか、
もしくはどこかに家族旅行中だったのでしょうか。

いい機会だと思い養蜂箱を開けて、
初めてハチミツの採取をすることにしました。




蜂がいなくなった巣の中には果たしてハチミツはあるのか?




開けてみると。
下部のほうはミツが無く乾いています。


けれど、
中央部はびっしりミツが詰まっています!



長男が丁寧に解体します。

そして絞る。

たしかにハチミツの味がしました(笑)

こうして、
我が家の養蜂が終わりました。

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP