タマケンブログ

柿渋検討 生で蛇を食う女 双頭の牛

下高井戸の家。
ほとんどの柱、梁は化粧で現しとなります。
防腐や防蟻、そして手垢防止などを考え、自然塗料である「柿渋」を塗ろうと考えています
色は当然「クリア」。

今回は「エイブルエンジニアリング」という会社の「柿渋」を塗る予定なのですが、
柿渋にも種類がたくさんあり、当然種類によって性能も違います。

オイル含有の有無、拭き取りの要不要などで、「施工面」でも大きく変わってきます。
(オイルを含むものを先行して塗ると、建前時に滑りやすく危険という事もあったり。)

今日、カンナで仕上たサンプルに対して、何タイプかの柿渋を試し塗りしてみました。
塗布後、しばらく外気に晒し、紫外線もあててみて経過を見た後、結論を出したいと思います。



現場では深基礎部の型枠と一部埋め戻しなど。


現場にも工程用ホワイトボードを設置しました。


メラミン化粧板で手作りしたものです。
現場にて全員が工程や搬入予定を共通認識し、工事が上手く進んでくれればと。

新宿の花園神社で御酉様。一の酉。


子供と一緒に「見世物小屋」へ。


自分自身初めて見るわけでは無いのですが、今日は衝撃を受けました・。
生で蛇を食す女
蛇の肉・骨を噛み切る音、血。。。そしてムシャムシャゴックン。
頭からしばらく離れない。
その他、蛇を使ったり火を使う芸、双頭の牛のミイラなど
計30分奇怪な世界を体験し、子供も脱力。
(YOUTUBEでも「蛇を生で食べる女」で検索したら閲覧できます)。
ちなみに「見世物小屋」を日本で興行しているのは、今ではこの団体だけとの事。


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP