タマケンブログ

瑕疵担保検査後の隠蔽部工程

豊島の家。

瑕疵担保の中間検査も無事に終了。
工事は順調に進んでいます。

現在行われている工事の内容は、
最終的には隠蔽されてしまいます。
仕上がってからは見えなくなってしまうところです。

そういう隠蔽部工事を、
真面目にしっかり行う事が一番大事!

****

仮設の水抜き孔の処理。
まずは、グラウトを流し込みます。
グラウトは流動性が高いので、孔内をしっかり充填できます。
(収縮も少ない。)




硬化した翌日、防蟻コーキングも。


フクビのアリダンコーキングです。


設備配管の基礎立上貫通部の処理も、
モルタル充填後に防蟻コーキング。


ちなみに、1階床下の給水給湯配管も終了。


床を塞ぐ前には、
耐圧盤上部を超清掃!


入念に掃除機をかけます。
(「キレイナ現場タマケン」は隠蔽部こそ!)

1階床断熱。
今回、グラスウールを使用します。


アクリアUボードの80mm。
このアクリアは、グラスウール特有のチクチク感がありません。
施工する大工にも優しい材料です。


ポーチ部分の軒天断熱。
気密をしっかりしてから、


スタイロエースⅡ。


そして、キレイナ現場タマケン。


最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

タマケン山岳部

PAGE TOP

PAGE TOP