タマケンブログ

社長の和室材料検査。

桜上水の家。

朝、タマケン社長が現場へ。


造作中の和室を検査。
部屋全体の雰囲気やバランスから材料をチェックしました。

脂が垂れてしまった床柱はもちろん、
もう1本の柱(後付した柱です)も『交換せよ』との指示。

決して悪くない柱ですが、
部屋全体とのバランスを考慮しての交換となりました。

タマケンは材木屋でもある工務店ですから、
木材に対しては普通の工務店以上に、こだわりとプライドがあります!

午後から。
新しい柱2本の仕上げが始まりました。




脂松と桧。素晴らしい2本です!

6丁目の家。
2階広縁の床に張った「樺桜」。


(無垢ですがウレタン塗装)。

タマケンの隣にある神社:鬼王様。
御神木の銀杏が実を落とし始めました。


銀杏の匂いを嗅ぐと秋を実感します。

午前中。
1時間ばかり幼稚園の運動会に寄ってみました。
三男の幼稚園最後の運動会。
あいにく小雨が降っていましたが、盛り上がっていました!


御遊戯のバルーン、素晴らしかったです。

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP