タマケンブログ

鬼の神社の尾州檜。

鬼の神社の欄干工事。

刻みは青梅の宮大工:梅林さんに全て依頼しました。
その完成した部材がタマケンに到着。

材種は尾州檜。
木曽川上流に生息する樹齢300年以上の天然の檜です。
伊勢神宮にも使われる本当に価値の高い材料なんです。
生育が遅いため、非常に目が詰まってます。



来週後半にも鬼の神社で組み立てます。

永く永く、長持ちするように浸透性の保護塗装を当社で行います。
木の通気(湿調)をキープしつつ、耐UV,防腐、撥水を。
(三井化学のノンロット205N-Zカラー(クリア))。


塗布しながら、宮大工さんの技術を学びます。

~タマケンからのお願い~
ブログのランキングに参加しています
このタマケンブログを応援して頂けませんか?
更新の励みになります。

下の写真をポチっとクリックお願いします。
↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村
ありがとうございました!tamakentaroblog

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP