タマケンブログ

第10回打合 下高井戸の家

下高井戸は木組の家です。
なので、構造の計算関係は木組ゼミで知り合ったYさんに依頼しました。
Yさんの指摘により、現地点での壁量不足や架構の不整合などが見つかりました。
梁断面寸法や柱位置等を再検討が必要です。
木組に精通しているアドバイザー登場は、だいぶ助かります。

その後はN氏から照明計画も提示されました。

GW明けにはSW試験を実施します。

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP