タマケンブログ

屋根断熱はネオマフォーム60mm 

下高井戸の家。

今日は大屋根の北側半分のASルーフィングまで完了。
化粧野地板(杉30mm)の上は、断熱材のネオマフォーム60mm、通気胴縁と通気層、構造用合板12mm、ビルボード9mm、ASルーフィングの順に構成されています。(その上は竪ハゼのガルバ屋根です。)
明日からは南側半分の屋根工事を進めます。

貫構造、真壁、継手や仕口など伝統工法を多く取り入れた家ですが、
断熱材は高性能断熱材「ネオマフォーム」を採用しました。

伝統工法なら土壁だっ!とお怒りになる人もいるかもしれませんが、
特に温熱環境に対する考え方についてはネオマフォ―ムなどを採用して、
ある程度の現代的(?)高性能な家づくりがいいと思っています。


(とは言っても今回のネオマ60mmでは、次世代省エネ基準には達していません・。
ネオマで次世代にするなら80mmが必要です。が、ビルボード9mmにも断熱性能がありますので・・)。

ちなみに屋根も壁も外断熱です。

★ブログのランキングに参加しています。
↓ ↓ よろしければクリックお願い致します↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

★こちらは別のブログランキングです。
↓ ↓ できれば、こちらもクリックお願い致します ↓ ↓
人気ブログランキングへ

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP