タマケンブログ

屋根工事~金物と面戸が付きました

下高井戸の家。

雨の降らない間に、屋根工事が進んでいます。
下高井戸の家は、南側の軒の出が1500mmあります。
よって、許容応力度計算が必要です。
その結果、登垂木と棟木、母屋の取り合い部には金物が必要になりました。

棟木部分には両ネジボルトM16で両側から緊結しています。



母屋部分はコーチボルトで母屋と登垂木を緊結します。



手刻みで木組の家を作るのなら金物は、なるべく使いたくありません。
しかし法的な制限があり、一部に金物を使わざるをえません。

だから、うまく金物を隠す事を考えています。
2階梁の取り合い部も「かくれんぼう」という金物を使っています。


一般の羽子板ボルトでは梁側に見えてしまうので、この金物になりました。

今回、構造設計をYMさんという設計者にお願いしました。
YMさんには、これら金物の件を含め、「木組」について多くを教えて頂きました。
YMさんとは一昨年、「木組ゼミナール」という建築家:松井郁夫さんが主宰する伝統工法の学校で知り合いました。
この出会無しに、下高井戸の家の「木組」はありませんでした。

ちなみに、この下高井戸の家にはホールダウン金物は一切ありません。
YMさんが、低い壁倍率の耐力壁をうまく配置してくれた結果です。
その壁については、またこのBLOGで報告します。

面戸(t=45)が取付完了。



現場の手洗に「波板の屋根」と「来客用のヘルメット置場」、「IKEAで買った150円の時計」を設置。


また、今日は意匠設計のNさんに金属屋根の色を決めてもらいました。
色名は「ギングロJK」。渋い名前です。

★ブログのランキングに参加しています。
↓ ↓ よろしければクリックお願い致します↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

★こちらは別のブログランキングです。
↓ ↓ できれば、こちらもクリックお願い致します ↓ ↓
人気ブログランキングへ

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP