タマケンブログ

小泉八雲とタマケンの間にある偶然

タマケンから歩いて3分。

大久保にある私の母校(小学校)には「小泉八雲」の碑があります。



終の棲家の碑。




※小泉八雲
 ギリシャ人(本名:ラフカディオ・ハーン)。
 明治23年に来日、やがて日本に帰化。
 日本の文化や風土を研究した作家さんで、
 「耳なし芳一」など怪奇話をまとめた『怪談』の著者として有名です。

さて今日。
タマケンと小泉八雲さんの間にある偶然」を知りました。

小泉八雲さんが大久保にやってきたのは明治35年
なんとその年に、タマケンが誕生しています。
当時の名前は玉健材木商店。下は当時の写真です。


八雲さん、

御近所だったんで、もしかしたらご自宅に、うちの材木を使ってくれてたかもしれませんね。

ちなみに、明治35年とは____。
 ・日英同盟の調印。
 ・笹子トンネル開通。
 ・江ノ電が開通。
 ・早稲田大学が開校。
 ・西郷従道が死去。
 ・正岡子規が死去。   

そんな年です。

(余談)
小泉八雲さんの終焉地付近で育ってしまった私は、
子供の頃から「妖怪」が大好きで、いまだに水木しげるさんのファンです。
いまでも妖怪図鑑を買って本棚に並べています(笑)。。

************

今日のタマケン。

【池袋の家】

ベテラン大工:桑原が、40歳の頃(30年前??)に親方として建てた御宅です。
このたび、リビングダイニングのクロス張り替え工事。

お年を召した奥様が暮らしている御宅ですので、
椅子やソファ、テーブル、収納家具や書物に至るまでを
タマケン大工で丁寧に移動、養生、そして復旧までやらせて頂きました。

担当したのは、大工:安田。


女性な大工ですので、
奥様から気兼ねなくご指示、ご相談などお受けでき、とてもスムーズに丁寧に工事が進行しました。


【某新築工事の計画中!】

某新築工事が計画されています。
間取り検討などの初期の計画段階から、大工が関わって進めて行くのがタマケン流。
架構をしっかり考えた間取りの提案、木拾い、そして軸組模型の製作など。

終日デスクワークな大工:小島です。


夕方、ドクターペッパーを飲んでいました。

【桜上水の家の家具製作】

昨年末に竣工した桜上水の家。
新たに家具をご依頼頂きました。
お手洗いの小物入れ&キッチンのトースター台。
無垢のナラ材とシナランバーで作るオーダーメイドの家具。


本当の折れている折戸があります!

大工:依田が製作です!

【桧の大テーブル製作】

天板の反り止め対策。
今回は裏面アングル埋込で行います。
設計事務所さん(ハラダデザインさん)が、アングル端部の形状などについても、
大工の施工性も考慮して提案&指示下さいます。


深謝。

端材を使って、死節の埋木実験など。


【タマケンのアスパラ】

毎年、この時期。
社長の友人の畑(北海道のニセコ)で獲れたアスパラを
社員全員に配ります!


これが、また本当美味しいんですよ。

一緒にアスパラ食べましょう!

【金曜日は週会議】

毎週、金曜日の夜は週会議。
今日は施工事例をもとにディスカッション。




大事な時間です。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願い致します

  ↓     
クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

↑     ↑ 

 ありがとうございました

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP