タマケンブログ

壁倍率1.5と2.5 日韓戦

下高井戸の家。

壁は、ほぼ真壁です。
そして耐力壁の構成も、筋違はありません。全て貫になっています。
筋違の壁は堅いパワー勝負ですが、貫の壁は柳に風のような粘り強さというのが特徴です。

今回の計画では壁倍率が1.5と2.5の、2種の貫壁があります。
貫壁に対して構造用合板を指定の釘で打ち付けますが、その際に受材を(柱壁に)付けるかどうか等の違いです。

今日、その壁の構造用合板を貼る工事も始まりました。
追って詳細を写真で紹介したいと思います。





さあいよいよ今晩、遠いカタールにて宿命の対決:日韓戦です。
早めに仕事を終えて戦闘モードに入らないといけません。

★ブログのランキングに参加しています。
↓ ↓ よろしければクリックお願い致します↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
にほんブログ村

★こちらは別のブログランキングです。
↓ ↓ できれば、こちらもクリックお願い致します ↓ ↓
人気ブログランキングへ

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP