タマケンブログ

初めての京都・・・高桐院

実は「京都」に行った事ありませんでした。
いわゆる和の建築が大好き人間ですが、京都に行った事ないという事実。。
(中学、高校の修学旅行も、東北、九州でした。)

今回、銘木市の帰りに、ついに「京都デビュー」。
と言っても、、滞在可能時間は4時間弱。。。
そこで設計N氏のお薦めスポット1点に絞り、そこをじっくり味わう事にしました。
(※N氏は京都の旅館「柊屋」の設計に携わった経歴があり、京都通です。)

行った場所は『大徳寺 高桐院(こうとういん)』。
苔生す庭と建築との関係性。
千利休の邸宅を移築した書院。
茶室は松向軒。 どれも素晴らしく何周も繰り返し見学しました。



参道。



庭園。



書院。

帰り道に、「町屋」のカフェへ。


町屋の「通り庭(土間)」を大学時代に何かのレポートで研究した事があり、
それ以来「土間」が、自分にとって大事なキーワードになりました。
「下高井戸の家」も「土間」というコンセプトからスタートさせています。

京都・・ハマリそうです。

最近の投稿

私たちは小さな工務店です。だからこそできる心を込めた丁寧な仕事。

ご縁あってタマケンで家づくりをして下さったお客様の声をご紹介します。

タマケンの定番樹種、それぞれの個性と魅力をご紹介します。

PAGE TOP

PAGE TOP