ホーム > 施工実例の紹介 > 唐木田の家
施工実例のご紹介

唐木田の家

設計施工:㈱タマケン

  • 南側の掃出しサッシには採風や採光、外からの視線も調整できるタイプの電動シャッターをつけました。安価ではありませんが、雨戸の開け閉めが億劫になって室内を暗いままにしてしまうことを考えますと、開け閉めや日差しや景色の採りこみ方を積極的に愉しめる電動シャッターや、雨戸をやめて防犯ガラスにするなどの選択肢も有効と考えています。外からの視線も調整できるため、この窓のカーテンはレースのみです。
  • 床へ直接当たる太陽の光を調整できるので、部屋の中を明るくしながらも、自然の暖かさや熱さを、好みな量採り入れて、冷暖房も少なめに、賢く住まえることだと思います。
  • 【出窓 書斎コーナーのFIXガラス】 長年雨戸を閉めたままになってしまっていた出窓の書斎コーナーは気持ちいい光が入り、お隣との視線も気にしないで良い高さのガラスから、青空を見られるようになりました。室内側に新たに設置した木製枠のFIXガラスで、防音性や断熱性も改善されています。雨戸を撤去してしまったので防犯性も考慮し、FIXのガラスを防犯性のある合わせガラスにしました。東の方から朝を知らせてくれる窓です。
  • 【出窓書斎コーナーのFIXガラス】
    この窓からの明かりは、縦格子を通して、書斎コーナーにあるプライベートトイレへも届きます。
  • 【洗面室の窓】洗面室は既存の窓を撤去して、別の位置に新しい窓を取り付ける大掛かりな工事でした。
    新しい窓は、性能を考慮したペアガラス。小さくても明るく、壁面も収納に有効活用できるように、サッシは天井に合わせて設置しました。チェーンで開け閉めできるタイプの窓ですので、夏にはこもった熱気を抜くのに役立ってくれる窓です。
  • 【浴室窓】システムバスの寸法に合わせた特注サイズ(幅)のサッシです。浴室の角に合わせてピッタリと納めるのは意外と大変でなのですが、密かなこだわり所です。