ホーム > 施工実例の紹介 > 唐木田の家
施工実例のご紹介

唐木田の家

設計施工:㈱タマケン

書斎カウンターとテレビ台

  • TV台と書斎カウンターを連続させる初期スケッチから、出窓を書斎コーナーにするのが有効なスペース利用だと考えていました。 おのずとTVもそれと連続する位置にという方針になりましたが、高さや納まりをどうするかというあたりがこのような場合の課題になります。
  • 【TV台イメージ】木のかたちから、詳細が決まる場合もある。
    「変形した板材をうまく使いたい」、イメージ図で検討や説明をしながら、木を活かして作れるのも、大工・材木・設計を共におこなえるタマケンの強みです。
  • 【TV台】木が持っていた形をそのままに仕上げて造りつけたTV用カウンター。節の穴もあるけれど(TVの下に隠れています)、無垢の木の味わいがいっぱいです。
  • 【TV台】加工前の原板、栃です。
  • 【TV台と書斎カウンターの仕切板】側板をこの高さまで伸ばすのは少し珍しいと思います、無い方がすっきり見えますから。この側板の上端は、大工さんにとても丸くしてもらっています。部屋の壁につけた手摺と同じ高さです。立ち座りや移動の時にちょっと掴めるところがあった方が良いだろうなと、このようにしました。 TV台のカウンター材と同じ原板から木取られています。
  • 【TV台と縦格子】最近はTVが大型化していますね。出窓の横の3尺(約90cm)の壁の前だけではおさまりません。書斎カウンターの長さも考慮しながら、部屋の大きさに見合った程度のサイズのTVまで対応できるように、TVの後ろが出窓になってしまって落ち着かない部分に意匠として縦格子を入れました。この縦格子の部分、実はコードをTVカウンターの下へまわすのにも一役買っているのです。

※設計図や仕上げイメージをシミュレーションするパースは、CAD(キャド、コンピュータを使った設計システム)で行っていますが、写真のような手描きのスケッチで形のイメージを膨らませることもあります。