ホーム > 施工実例の紹介 > 唐木田の家
施工実例のご紹介

唐木田の家

設計施工:㈱タマケン

無垢材

何十年も「新建材」の家で生活されてきたこのご家族。

無垢の杉の床は、30年近く前に取り壊されてしまったおばあちゃんちの広縁の感触を思い出させてくれるかもしれません。

  • 無垢の杉の床板です。木材の呼吸を失わせないオイル仕上げにすると、自然な風合いとやわらかな艶が美しく感じられます。
  • この工事で使用している杉の無垢フローリングの厚みは30㎜です。踏みしめるとなんともいえない優しさと温かみがあります。
  • 枠や鴨居などの造作材を加工して仕上げる頃は、一日の作業後も、次の日の作業のために鉋の刃を何枚も砥ぐ大工さん達の姿が見られます。
  • 壁に固定する棚板は、鴨居などとお揃いの杉の赤身で製作しました。
  • 大きな板を現場に合わせて取りつけるのに必要な細工は、寸法を合わせながら、現場でもおこなう部分もありました。
  • 壁の板や造作材も杉材を選びました。赤身、白太、節あり、無地、柾目、板目。 同じ樹種の中にも様々な表情があるのが無垢材の味わい深いところです。