ホーム > 施工実例の紹介 > 唐木田の家
施工実例のご紹介

唐木田の家

設計施工:㈱タマケン

断熱と室内環境

内装の仕上げ材を貼り替える一般的なリフォームに加えて、おすすめしたい工事は、断熱工事です。

工期などは内装のみの工事よりも必要になりますが、室内の快適性の確保の他にも、数十年経過した家の見えない部分の状態を確認する機会になるというメリットがあります。

シロアリや木材腐食の傷みはないか、ボルト類にサビやゆるみはないか、この機会に点検します。

この家が建設された20数年前と現在とでは、断熱に対する考え方、施工法が全く違い、もとの壁に入っていた断熱材と新しく入れ直したものでは密度も厚みも比べ物になりません。

気密断熱と防湿層の重要性をしっかり理解した断熱マイスターのタマケン大工が丁寧に施工しました。コンセントなどの細かいところの気密施工も手慣れたものです。

床暖房の効果

暑さ寒さは空気の温度だけではないって知っていますか?

空気が冷えていても暖かく燃えているストーブが近くにあると、気温よりずいぶん暖かく感じることがあります。『輻射』です。

同じく、冷えたもの(外の気温に近い窓や壁など)が近くにあっても体感温度は3°C位低くなってしまうこともあります。それを防ぐ断熱工事はとても大切です。また、足元から輻射熱を体に届けてくれる床暖房は、とても健康的です。

画像をクリックすると拡大します